フェイスブラシ

熊野筆のメイクブラシ

アマチュアの方が化粧筆と聞いてイメージするのが、このジャンルだと思う。
実際、「買って良かった」と、一番納得できるのが、このタイプである。 個人的にも、最初の一本として推すタイプである、なぜか?

御存知だろうか?化粧をした直後より、時間が経ってから、美しく魅せる女性が多いことを。
というより多くの場合、化粧直後は「不自然」に映る場合が多いのだ。 これは案外、本人には気がつかない。(もっとも、写真で気がつく場合はある。特にフラッシュ撮影時など)

前にも述べたように、メイクの基本はグラデーションにある。
簡単に言えば「上手にぼかす」ことにある。
すぐにでもメイクのレベルアップを望むなら、このジャンルのアイテムを使えばよい。 日常的にメイクしている女性ならば、ファンデーション、アイメイク、チーク、と一応のステップがあるはずだ。 それを変える必要はない。ただ、最期の仕上げに使えばよいのだ。

その繊細なトップ(穂先)は、化粧品の粒子を自然に肌に馴染ませてくれる。
その優しいトップ(穂先)は、貴女の心を癒してくれる。
ほんの数分で、美しくなった自分を発見できるはずだ。

さて、選び方である。フェイスブラシ、パウダーブラシなどメーカーによって名称は様々である。
価格にも幅がある。しかも、同じシリーズの中では、一番高価なはずだから慎重に選びたいものだ。 ところで最近の化粧品は「微粒子」を、特徴とする商品が多い。自然な仕上がり、肌への負担軽減が目的である。

もし貴女が、それに共感して高いランクの化粧品を購入しているならば、 フェイスブラシもハイエンドから選択するべきである。
両者の相乗効果で、さらにレベルの高い仕上がりが期待できる。
もうお分かりであろう?
その微粒子のポテンシャルを発揮させるのは、唯一、クオリティの高いメイクブラシだけなのだ。
その意味で、ここに紹介する商品は、いずれも期待を裏切ることはない。

しかし、それでも最適な一本を決定するのは難しいかもしれない。
熊野筆の発達には、常にプロの厳しい目があった。特に書家の厳しい要求に応えてきた成果が、トップ(穂先)の製作ノウハウとして蓄積されてきた。 メイクブラシも同様である。
いわゆるメイクアップアーティストの意見を反映して、現在の評価がある。 そして現在の多様な種類があるのだ。

そして、その種類の多さが・・・一般消費者を悩ますのだ。

ここで考えていただきたい。どんな分野であれ

「プロの道具は、特別である」
「それを、使い分け、使いこなすから、プロなのである」

「よほどマニアックでない限り、アマチュアがプロの道具を手にしても・・・  戸惑うだけである(使いこなせない)」

プロ用に開発された商品は、当然、良い道具なのだが、もっとアマチュア向けの商品が増えて欲しい。
それが私の願いだったが、近来はそうした商品も多くなり嬉しいかぎりである。
誤解されては困るが、プロ用であろうとアマチュア用であろうと 「一流である」ことは同じである。
アマチュア用、あるいは廉価品が「二流」というのは過去の意識である。

そんな意識と無縁なのが、熊野筆の誇りだと私は信じている。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

17