3D ホワイト

熊野化粧筆 メイクブラシ

その道のプロに支えられて、熊野筆の地位があります。
プロの意思を裏切ることなくプロの創造をアシストする、 それが伝統工芸熊野筆の価値です。

ところでプロの技量とは、筆(穂先・トップ)を絶妙にコントロールすることです。
それは「筆づかい」とか「筆さばき」などといわれており、作品のタッチを決定づける要因です。
そしてそれは書道でも、絵画でも・・・メイクでも同じです。

しかし、メイクには大きな違いがあります。それは、メイクのキャンバスが平面ではないことです。
つまり顔は、立体的な3D造形だということです。

立体的な顔に、従来どうりの筆(穂先・トップ)は最適なのか? そして、
メイク専用の『筆(穂先・トップ)』が開発されました。。

プロの筆さばきを1本のブラシで実現します

熊野化粧筆 メイクブラシ

1)粉(粒子・パウダー)をのせる
2)なじませる(ぼかす・グラデーション)
3)質感を出す(フィニッシュ)

素敵なメイクは、こうしたテクニックで表現されます。
それは本来、筆使いと筆の使い分けで、実現します。

しかし『ラ・マジィ(3D造形された化粧筆)』を使えば、一本のブラシでも、トップ(毛先)の部分によって、 簡単に最適なタッチが使い分けられます。

まずはフェイスブラシをお勧めします

熊野化粧筆 メイクブラシ

この3D造形されたメイクブラシは『ラ・マジィ』と命名されています。 お勧めは3D フェイスブラシ です。
もともとフェイスブラシは、パーソナルユースでイチオシのブラシです。
いつもどうりのメイクを行い…最後にフェイスブラシで馴染ますことにより、 ナチュラルな質感が得られるのですが、通常のフェイスブラシでは立体感が出にくいこともあります。

馴染ますテクニック、つまりグラデーションテクニックは顎・首へのセクションでは効果的ですが、 チークラインやアイメイクなどを崩しすぎるリスクもあります。
そうしたケースでは、「力加減を修正する」「ブラシの種類を変える」のが通常ですが、 『ラ・マジィ』であれば、使う部分によって違うタッチが可能です。
つまりテクニックを駆使しなくとも、ブラシの種類(所有)を増やさなくても対応が可能なのです。

店頭でも最初の一本に紹介しています。
大半の方はこの一本をまず使いこなしてから後、 メイクのスキルやレベルの向上に応じて、その他のブラシを買い増しされています。

※難易度も高い工程を熟練の職人が仕立てており、納品に時間がかかることもございます。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

9